読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アナログ24時

気になったことを記事にしています。アナログスピードな人間ですが・・・

大橋昌信市議がNHK受信料(ワンセグ)を正す時

テレビを持っていればおのずと払わされてしまうNHK受信料。

あの威圧的にやってくるNHKの取り立て員の姿を思わず思い出してしまいました。

 

 はたして携帯電話のようなワンセグ機能があるだけでその受信料は発生してしまうのでしょうか?埼玉県朝霞市の大橋昌信市議NHKから国民を守る党)は、ワンセグだけでは受信料の支払い義務がないことを確認するため、NHKを相手取って裁判で争っています。判決は8月26日、さいたま地裁で言い渡されるということですが非常に同行が気になるところです。

f:id:moromi2015:20160823125530j:plain

 もし、ワンセグ機能付きの携帯を所持しているだけでNHK受信料が発生してしまうのなら、携帯各社は今後ワンセグ付きの携帯を製造するだけで問題が出てくるでしょう。また、自動車でのテレビ視聴にも言及されてくるのではないでしょうか。

 細かく見ていくならばきりがないとも言えますが、その白黒をはっきりさせるために立ち上がったのが大橋市議とも言えます。

 訴状によると、大橋市議の家にはテレビがないが、ワンセグ機能付きのスマートフォンは持っているとのことでした。大橋市議が受信料についてNHKに尋ねたところ、ワンセグだけでも契約が必要と言われたことから、契約義務がないことを確認するため裁判を決意したということです。
 これは、受信料について定めた「放送法64条1項」の解釈にあたるということです。この条文では、「受信設備を設置した者」に受信契約の義務があると記されています。大橋市議は、スマホワンセグは「設置」ではなく、「携帯」だと主張。対するNHKワンセグも広義の「設置」に当たると反論しているわけです。

 大橋市議は、仮に「設置」に当たるとしても、スマホワンセグは受信料の支払いが免除される「放送の受信を目的としない受信設備」であると考えており、事実通話やメールなどにしか使っておらず、スマホでテレビ番組を見たことはない人も多いのではないでしょうか。

 私も実際ワンセグ付の形態を利用したことはありますが、実際問題テレビはほとんど見ることはありませんでした。ましてやNHKは皆無に近い状況です。これで受信料を払わされるとしたら世の中を疑ってしまうのです。

 

 最近、知人宅(アパート)にNHKの集金員がやってきました。

 どうやらそのアパートは衛星放送契約をしているようで、通常の契約に加えて衛星放送の契約まで強制してきたのです。

 その事実を知らない知人は大家さんに確認を取る為数日待ってもらえないか聞いたのですが、集金員は断固拒否、ずっとそのお宅の玄関に居座り続けたのです。時間は既に夜の9時を過ぎており、今になって思えば警察を呼んだ方が良かったわけです。

 しかし、仕方なく契約をしてしまい、見ることもない衛星放送契約を結んで大変ブルーになっていました。

 と、どうやらNHKの悪徳集金員が来たときの撃退方法がいくつもあるようです。

その中でもっともだと思ったのが、1.不法侵入で訴える、2.迷惑を訴える、など、自分の立場で明らかに違法性がある内容を確認し、迷わず警察を呼ぶしかないのです。

 NHKごときで生活が脅かされるようでしたらそんな世の中はおかしいですし、そういう態度をとる集金員は罰せられるべきです。

 いずれにせよ、大橋市議の行動が今後のNHK受信料の在り方を判断するいい材料になるのではないでしょうか。

  大橋市議は、「ワンセグ機能付きの携帯を堂々と使えるようにしてほしい」と話しているとのことで、是非そういう判決になるように期待したいところです。

サマーランド切りつけ事件、現場は痴漢続発だった、犯人逮捕は?

事件

「満員電車よりも混んでいた」。東京サマーランドで起こったこの事件は人混みに紛れて行われた犯行の可能性が高い。

21日午後2時過ぎ。神奈川県内に住む病院職員の20代の女性は、大学時代の同級生3人とプールで手をつなぎ、押し寄せる波を楽しんでいました。直後に3人のうち2人が「チクッとした」と訴えたためプールから出ると、2人の尻には水着ごと縦に7~8センチの傷が入っていたとのことです。慌ててタオルを当てたがすぐに血で染まり、近くの救護室に駆け込みました。

f:id:moromi2015:20160822130225j:plain


 さらにその1時間前、東京都世田谷区の大学4年、室田友紀さん(21)は、ビキニ姿の若い女性2人組が泣きながら施設の従業員に被害を訴えているのを見ました。「2人とも右のお尻の下から血が出ていた。傷口を手で押さえていたが、1人はポタポタと垂れるほどだった」。近くにいた相模原市の女性(45)は、「プールの中は混んでいて芋洗い状態だったので、痴漢かと思っていた」と振り返っています。

 

 女性客が切りつけられたのは、「コバルトビーチ」と呼ばれる屋内プールで、1時間おきに人工的な波が出る約3分間のタイミングだったということです。これまでも、波が出る間にプール内での痴漢被害が相次いでいたため、福生署はシーズン前、この時間帯の入場制限を要請していたということがわかりました。

 しかし、サマーランド側は警備員の増員や防犯カメラの設置などの対応のみで、入場者の人数制限は行っていなかったもようです。21日の入園者数は約1万4千人で、今年4番目に多かったそうです。事件当時、波が出る時間帯のプール内は満員電車のような人混みだったということで、痴漢が起きても簡単には分からないでしょう。

 

 一刻も早い犯人逮捕がされることを祈ります。

 

 人ごみでこんな事件が起こっている大盛況のテーマパークがある一方、なんともさみしいテーマパークの記事を見つけました。

 確かここは修学旅行で行ったことのあるところでは・・・。

 その昔、『日本にもディズニーランドを』と計画して作られた『奈良ドリームランド』現在は経営悪化により閉園しており利用することはできません。ところが海外ブロガーの手によって現在の奈良ドリームランドの廃墟と化した写真が!そこには言いしれぬ恐ろしい光景が飛び込んでくるのです。

 

 私が行った時もほぼ貸切状態でしたが、まさか閉園後もそのまま取り残されているとは・・・

 

 いずれにせよ、人が集まるところ、日本だからと言って安心もできない現実があることがわかりました。

 

 

山河毅審判委員長さまさまの創志学園

スポーツ

 第98回全国高校野球選手権大会(8月7日から15日間、甲子園)の岡山大会決勝で、創志学園が4―1で玉野光南を下して初優勝。0―1の9回、試合終了と思われた打球が判定変更でファウルとなり、再開後に4点を奪って逆転しました。

 しかし、この判定が全国区のニュースになろうとは。。。

 高校生活の大事な思い出になる場面、試合をしている選手だけでなく、その関連した人々は多数に渡ります。この出来事をいったいどのようにとらえたのでしょうか!?

 玉野光南の1―0リードで迎えた創志学園9回の攻撃。1死一塁で難波の打球は投ゴロで1―6―3と渡り併殺、ゲームセットと見えた。

f:id:moromi2015:20160726125938j:plain

話題のプレー

出典:http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/07/26/gazo/G20160726013037580.html


 庄司球審は「フェア」とコールしました。ただ、打った難波は数メートルしか動かず、「当たった」と自打球でのファウルをアピール。左腿から右足へ、ボールの感触があったのです。整列しかけたように見えた審判団は本部席に戻り、山河毅審判委員長を交え、協議に入りました。

 7分間の中断後、責任審判の浮田一塁塁審が「協議の末、ファウルとして再開します」と判定訂正の場内放送を行いました。再びの1死一塁。一度は“最後の打者”となった難波は再開直後の直球を右前へ。打線はさらに3安打を集め、この回一挙4点で逆転し創志学園がまさかの勝利を得たのです。

 山河審判委員長は判定訂正に時間を要したことを「映像は確認していない。手際が悪かったことは認めます。両チームに対して失礼でした」と言っていました。

 一方で終わったと思った試合を手にした創志学園の最速154キロ右腕・高田は、まさに生き返った笑顔を浮かべました。「正直終わったなと思った」と敗退を覚悟したところからの逆転。「言い表せないくらいうれしかった」と9回はこの日最速148キロをマークするなど3人で締め今度は自分たちが歓喜の輪をつくった。

 

 まさに山河毅審判委員長の判断が全てを決定づけたわけですが、本番はこれから、創志学園の活躍に期待したいところです。

 しかし、感心させられたのは敗れた玉野光南の選手たち、泣き崩れた選手たちでしたが、その中で今村主将は判定に異を唱えることもなく、潔く話したいうことです。「審判さんの公平なジャッジで試合が再開となりました。気持ちを切り替えていこうとしましたが、全員が切り替えられていなかったのかもしれません。負けても堂々としていようと、みんなに言いました」全員が切り替えられていなかったのかもしれません。負けても堂々としていようと、みんなに言いました」

 ただ注目するだけではなく、素晴らしい高校生たちの人格にあっぱれです。

2016年7月12日長野オリスタの阪神戦予告先発はメッセンジャー

プロ野球

 2016年ペナントレースも中盤へと入ってきました。

ここ最近は6月に行われる交流戦がひとつのポイントといってもよいでしょう。

ここで勝ち越せるかどうかで、その後のペナンとレースの試合運びが決まってきているのです。

f:id:moromi2015:20160710112921j:plain

7月12日長野オリスタで先発か!?

 

 超変革を掲げてスタートした金本阪神タイガース

5月までは投打でかみ合うことが多く、また超変革にふさわしく、これまで知られてこなかった若手が続々と台頭してきました。

当然そうするとファンの目は2軍にも向きます。2軍は掛布が監督をしているということもあり、試合によってはどこかの球団の1軍並みの観客動員数を記録しています。

さあ、今年はいつもと違うぞタイガース!そういう気持ちで毎日の試合を心待ちにしていましたが、交流戦で失速。。。

ついには最下位へと転落してしまいました。

 

 7月12日からは唯一といってよいでしょうか、長野での信州シリーズになります。今年の相手はヤクルトスワローズ

ヤクルトも苦戦しているため混戦の可能性はありますが、この試合を心待ちにしている地方のプロ野球ファンのモチベーションが気になるところです。

 

 予告先発がまもなく発表になるはずですが、通常のローテーションから行くと阪神メッセンジャーが濃厚なはずです。

今チームの唯一といえる勝ち星が上げられるピッチャーなのです。

今シーズンはここまで16試合に登板して7勝6敗、防御率2.97はチームで一番安定しているといってもよいでしょう。

しかも敗戦投手となっているもののほとんどの試合は自責点1~2点なのです。

メッセの責任というよりは打線の責任が大きいといえます。

 今年のタイガースのピッチャー陣をみていくと、先発ローテーションに藤浪、能見、メッセンジャー、岩崎、岩貞あたりが定着してきました。しかし藤浪、能見は最近うたれがち、岩崎はいまいち安定感にかけます。岩貞は序盤は非常にすばらしく、リーグの防御率のトップ争いに食い込んでいましたが、試合数が多くなると毎回パーフェクトにも行かず、手の内も読まれてきたのでしょうか、やはり最近は打ち込まれることが多くなりました。

f:id:moromi2015:20160710113641j:plain

藤川は完全復活なるのか!?

出典:http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/mlb/2012/11/17/mlb_80/

 

 期待したいのは、横山と青柳。横山は5月のGWで対中日戦に先発、無失点勝利を挙げています。また青柳も最近数少ない勝ち星に貢献しており、今後の安定的な投球を期待するばかりです。

 問題はリリーフ陣なのですが、クローザーとして期待されたマテオ、ドリスはいまいちぱっとしません。調子の良し悪しがはっきりしすぎています。最近はリリーフ失敗のケースも多く安心できない状況です。その中で、先発から転向してきたかつてのリリーフエース藤川の存在があります。やはり彼の存在は大きく、9回のマウンドで藤川コールが告げられると球場の雰囲気が変わるのです。かつての火の玉はすでになく、せいぜい140km/h後半のスピードボールでは簡単に打ち込まれてしまっているわけです。また、パ・リーグには大谷のような投打で活躍できる選手も出てきており、スピードも160km/hの時代に突入しているのです。ところが、6月下旬にきて藤川は150km/hを記録したのです。気持ちとしては完全なるクローザー復活への第一歩担っていればうれしい限りです。

 中継ぎでがんばっている安藤については安定はしているもののやはり年齢の関係であと何年投げられるかといったところで、これらの代わりになる選手育成が急務だと思われます。

 ただ、そんな中今後タイガースのリリーフを引っ張っていける人物の存在に私は目をつけているのです。その選手は石崎剛投手なのです。やはりGWの試合になりますが、中継ぎで投げている姿を生で見ることができました。そのスピードボールは150km/hを超え、かつての藤川の姿と被ったのです。その後、故障でいったん2郡に落ちたものの最近は再び中継ぎでの登板で結果を残しつつあります。

 

f:id:moromi2015:20160710113044j:plain

育成から這い上がってきた原口捕手

 

 次に野手をみていくと、なんといっても一番の注目は原口でしょう。GWまではこの選手の存在すら知らなかったタイガースファンも多かったかもしれません。しかし突然ナゴヤドームでの登場、さらに初アーチをたたき出すなど、一気に時の人へと躍り出たのです。背番号は準備が間に合わなかったのか94と2軍の番号ですね。7月9日現在で打率.333、本塁打6本の成績は捕手としてはしばらくタイガースにいなかったパワーヒッターなのです。当初、タイガースの捕手は梅野あたりが台頭してくると予測していましたが、原口の出現で一気にひっくり返りました。

 打者では当初より目をつけられていた高山、7月9日現在で.257、2本塁打の成績は今のタイガースではなくてはならない存在ではないかと思います。このほか、北條、板山、江越といった若手が出てきたことでレギュラー争いが活発になったことは否めません。そうすると自然と中堅選手は焦りが出るのは当然でしょう。刺激されて急激に伸びてきた選手がいます。それは大和です。過去のイメージからすると守備は一流、打撃は二流といったイメージでした。しかし今年は安打を連発、ホームランまで放っています。31歳にしてようやく目覚めたといってもよいでしょう。

 問題はかつて選手会長まで務めた数少ない阪神の生え抜き選手である鳥谷です。今年のプレーを見る限り、打線のストッパーになってしまっているケースが多く、私が見ていても「あ~、またか」という場面が何度もありました。定番の西岡、福留、ゴメスあたりはもう一働きしてほしいものです。若手がこれだけ出てきているので、本来ならばベテラン勢がさらに引っ張らなければチームの活気は生まれないと思われます。

 

f:id:moromi2015:20160710113347j:plain

超変革中のタイガースを引っ張る金本、掛布両監督

出典:http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/30/kanemoto-kakefu_n_8429814.html

 

 以上のような現行の阪神タイガースの戦力になっているわけですが、金本監督としてはまだ1年目。日々の報道ではいらだちさえも感じていますが、選手を育てるという観点から是非我慢して、よい選手を積極的に出すというスタンスで生え抜き選手を増やすことを期待しています。

 7月10日に行われる長野オリンピックスタジアムでのヤクルト戦、天気は晴れの予報です。最高気温は日中32度、最低で18度の予測で、蒸し暑い夜のナイターにふさわしい一日になるのではないかと思います。チケットはまだ各席に余裕があるようですが、天候次第で当日券がたくさん出ることでしょう。

 

 超変革中の阪神タイガース

 一人ひとりの選手を細かく見ていくと面白くなるのはこれからです。

 7月12日は一人でも多くの方々に長野オリンピックスタジアムへ足を運んでいただき、生でその姿をみていただければと思いました。

 

tono.hatenablog.com

嘉悦克前理事長の不正経歴

事件

教育の場にも鳴り止まない金の問題。

いったい何のためにそんなに使い込んだのか。

また、公私混同してしまう人が多いのがオーナーでしょう。

しばらくこの問題は続きそうです。

 

中高一貫校や大学を運営する学校法人「嘉悦学園」(東京都江東区)で昨年12月、当時の理事長ら創立者一族に対する不正支出疑惑が発覚した問題で、同学園による不正支出額が平成27年までの過去5年間で約1億円に上ることが6日、関係者への取材で分かったということです。第三者委員会が最終報告書にまとめ、同学園は前理事長らに返還を求めることになります。

 

その不正経歴を追っていくと、特別顧問に就任していた前理事長の母と妻に対しても、勤務実態に見合わない報酬が計約5200万円支出されていました。前理事長の長男で当時の常務理事にも渉外費や旅費交通費などとして計約112万円の不正支出が確認さています。

 そのほか、嘉悦克(こく)前理事長は公用車で通勤していたのに「通勤手当」名目で計約120万円が支出されていたほか、「入試手当」名目で計約105万円の支出もあったということです。このうち100万円は「入学定員を確保した」という理由付けでした。前理事長に対する不正支出は総額で計約4500万円に上ったということで、ただただ開いた口がふさがりません。

 

 嘉悦学園の創立者一族に対する不正支出問題は、昨年9月に情報提供を受けた文部科学省が学園側に調査を指示しました。これまで2度結果報告されたが、いずれも不十分として文科省が再調査を求め、学園側が第三者委員会を設置して調べています。問題発覚後の昨年12月、前理事長は理事長職を解任され、文科省への報告を行うなどした長男も常務理事を辞任しました。

 

 嘉悦克前理事長は東京都私学財団の理事長なども務め、業界では誰もが知る権威者であったため、周りには今回の不正問題を指摘することもできなかったのではないかと考えられます。

小見尚旦容疑者は認知症の疑いがあるのか!?

事故 事件

悲しい事故は無くならないものです。

また交通事故により幼い命が亡くなりました。

f:id:moromi2015:20160303125902j:plain

報道によりますと、3日午前7時20分ごろ、群馬県高崎市上並榎町の市道で、病院の駐車場から飛び出してきた乗用車が登校中の小学1年清水海翔(かいと)君(7)とぶつかったということです。清水君は胸などを強く打ち、搬送先の病院で約1時間半後に死亡しました。高崎署によると、事故当時、清水君は集団登校をしていたが、ほかのけが人は確認されていないとのことです。
 車は駐車場の植え込みを乗り越えて市道に飛び出し、道路反対側を歩いていた清水君をはねたということで、乗用車を運転していた同市下小鳥町の無職小見尚旦(なおあき)容疑者(73)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕しました。

 小見容疑者は病院の駐車場に止めようとした際、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と容疑を認めているということです。

 最近は、梅田の暴走事故が記憶に新しいですが、病気による原因でも運転を誤ってしまうことが大きく取りざたされ、注意しようにもどうにもできない現実が世間を凍りつかせました。

 同時に、今回の事故については運転手が高齢者ということで気になる点があります。

アクセルとブレーキを踏み間違えたとしていますが、認知症だとかそういう原因は示唆されないのでしょうか。

 つい先日、私自身が運転中、自転車で片側1車線の県道を横断していたお婆さんと遭遇しました。しかもそのお婆さん、通行途中で立ち止まり、何やら誰かに話しかけているではないですか。

 後続の車も詰まっていたため、その後私はクラクションで警告を入れました。

 しかし、その音が聞こえていないのか、何の反応も示さず、マイペースで横切って行ったのです。

 この経験から、今後更なる高齢化社会が進むこの国で同様な光景が増えてくるのではないかと思いました。少なくとも、私のほうがすぐに気づき、そのしぐさからおそらくは認知症の人だろうと予想できたので、大事には至りませんでしたが、通常のスピードで走る車が来たら間違いなく引かれていたところです。

 2025年には団塊の世代が全て後期高齢者となります。

 それに伴い、認知症のお年寄りは倍増してもおかしくありません。

 そして、高速道路の逆走、道路の危険な横断、奇怪な運転での事故が多発してくることと思われます。

 ましてや、今は核家族化が進み、一人暮らしのお年寄りが多いことから、それを監視できる家族もいなく、対応が非常に難しいと思われます。

 少子化問題はもはやこの国の未来がかかっており、今後の対応がどうなっていくのか国のやり方が気になるこの頃です。

有村実樹さんの生い立ちや経歴と地域格差

芸能

芸能界というかテレビ業界というかビッグカップル誕生です。

フジテレビの榎並大二郎アナウンサー(30)と結婚したモデルの有村実樹(30)が、結婚報告をしました。それぞれがブログを更新し「走っていけるエネルギーが湧いてくる」と喜びを伝えています。

 

 有村実樹さんは栃木県出身。高校卒業後、ファッション誌「JJ」の専属モデルとなり、現在は「Ane Can」の専属モデルとして活躍しています。NHKのEテレ「やさいの時間」にも出演しているのですが、ここまで来るまでの生い立ちや経歴が知りたくなりました。

f:id:moromi2015:20160226125627j:plain

 始まりは高校生の頃、都心へ遊びに行ったときにスカウトの目に留まったようです。

 そして人気ファッション誌で頭角を現し2006年ごろからモデルの傍ら女優業にも進出し、活動の幅を広げていったようです。

 その姿からは想像がしにくいのですが、自然・遺跡と動物に大変興味を持っているようで、もしモデルになっていなかったら考古学者か動物保護の仕事に就きたいとかんがえているようです。

 また、畑での農作業をしたりと野菜に対しても興味を持っているとのことです。

 榎並大ニ郎アナウンサーとは10年に渡る交際を経て結婚に至ったということで、まっすぐ一筋に恋愛もしていたのだと感心させられました。

 付き合った当初はまだ榎並大ニ郎アナウンサーは大学生。将来二人ともこんなにビッグになるとはだれも考えなかったことと思います。

 
  有村は30歳の誕生日である26日、「応援してくださる皆さまへ」と題し結婚を報告した。「私が東京へ通い始めた19歳の頃に出会い、今年で約10年が経ちました。」とつづり始め、「彼とならばどんな時でも大切なことを見失わずに強く進んで行ける、と感じています。新たな家族が出来た今、責任と共に、より高い目標を持ちながら走っていけるエネルギーが湧いてくるようです」と書いています。

 

 でもこんな出会いがあるのもやはり東京だからでしょうか。

 少々気になるニュースが人口減です。そして、東京にますます人口が集中しているということで、この偏りはいかなることか・・・。都道府県別に見ると、人口が最も多いのは東京都の1351万人で、次いで神奈川県、大阪府となっています。東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県の人口は3600万人余りで、全国の4分の1以上を占め、5年間で約51万人増えた計算です。

 一方、人口が減ったのは秋田や福島、大阪など39の道府県で、東京圏の一極集中がますます強まった形です。

 芸能界がにぎわう一方、現実に目を向けてみると世の中の経済バランスや地域格差がますます大きくならないように願うところです。