アナログ24時

気になったことを記事にしています。アナログスピードな人間ですが・・・

嘉悦克前理事長の不正経歴

教育の場にも鳴り止まない金の問題。

いったい何のためにそんなに使い込んだのか。

また、公私混同してしまう人が多いのがオーナーでしょう。

しばらくこの問題は続きそうです。

 

中高一貫校や大学を運営する学校法人「嘉悦学園」(東京都江東区)で昨年12月、当時の理事長ら創立者一族に対する不正支出疑惑が発覚した問題で、同学園による不正支出額が平成27年までの過去5年間で約1億円に上ることが6日、関係者への取材で分かったということです。第三者委員会が最終報告書にまとめ、同学園は前理事長らに返還を求めることになります。

 

その不正経歴を追っていくと、特別顧問に就任していた前理事長の母と妻に対しても、勤務実態に見合わない報酬が計約5200万円支出されていました。前理事長の長男で当時の常務理事にも渉外費や旅費交通費などとして計約112万円の不正支出が確認さています。

 そのほか、嘉悦克(こく)前理事長は公用車で通勤していたのに「通勤手当」名目で計約120万円が支出されていたほか、「入試手当」名目で計約105万円の支出もあったということです。このうち100万円は「入学定員を確保した」という理由付けでした。前理事長に対する不正支出は総額で計約4500万円に上ったということで、ただただ開いた口がふさがりません。

 

 嘉悦学園の創立者一族に対する不正支出問題は、昨年9月に情報提供を受けた文部科学省が学園側に調査を指示しました。これまで2度結果報告されたが、いずれも不十分として文科省が再調査を求め、学園側が第三者委員会を設置して調べています。問題発覚後の昨年12月、前理事長は理事長職を解任され、文科省への報告を行うなどした長男も常務理事を辞任しました。

 

 嘉悦克前理事長は東京都私学財団の理事長なども務め、業界では誰もが知る権威者であったため、周りには今回の不正問題を指摘することもできなかったのではないかと考えられます。