アナログ24時

気になったことを記事にしています。アナログスピードな人間ですが・・・

喜野遼容疑者の覚せい剤のきっかけを探る

覚せい剤絡みのニュースは後を絶ちませんが、また今日もその知らせが舞い込んできました。

 

大阪府警は6日、大阪府枚方市立桜丘小学校の常勤講師喜野(きの)遼(はるか)容疑者(27)を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで緊急逮捕し、発表しました。「使用したことに間違いない」と容疑を認めているということです。

 枚方市教委によると、喜野容疑者は昨年8月から同小学校に勤務しており、算数の少人数指導の授業を担当していたとのことです。

 教員をやる人=真面目というイメージが非常に強いのですが、学校内でストレスになることがいろいろあった可能性などはないでしょうか。

 こういうことを始めるのにはきっかけがあるはずです。

 その根本を探し出せないと今後も同じニュースが出てくると思います。

f:id:moromi2015:20170306130107g:plain


 天満署によると、喜野容疑者は2月下旬~3月6日、覚醒剤若干量を使用した疑いがある。喜野容疑者は6日未明、大阪市北区の路上で巡回中のパトカーを見て急に走り出したため、不審に思った署員が追いかけて職務質問し、署に任意同行を求めたということです。その後の尿の簡易鑑定で陽性反応が出たとのことです。今後、入手経路などについても調べることになっています。

 

 覚せい剤の動機は心の隙間に入ってというイメージがありますが、そうではなくいつの間にかというパターンもあるようです。

 ある記事にあったのは、その人は風邪を引き、寝込んでいたところに、近所に住む友達が遊びに来たときがきっかけになっています。熱、咳が止まらないので、心配した友達が、透明な液体の入った一本の注射器を持ってきました。
 友達の奥さんは、病院の、しかも、内科の看護婦さんをしていたことを思い出し、言われるままに自分の腕を出したということです。
 待つ事10分もしないうちに、咳が止まり、妙に身体が楽になり始め、何とも言えない爽快感を味わい始めていたのです。

 こんな何でもないことから覚せい剤の依存症になった人がいるわけです。

 

 記憶に新しい有名人で覚せい剤を使っていた人と言えば清原さん。

 彼の場合は体に似合わず心が弱かったとしか言えません。

 現役時代から使っていたというのは分かりましたが、引退後も不安になると使っていたようです。

 一般世間人から見るとヤクザの世界のような話ですが、恐ろしい薬です。

 

  「覚せい剤」を使ってしまった人の大部分が、「1回だけなら大丈夫と思った」という趣旨の話をすると言われています。ところが、必ずといって良いほど1回だけで済まず、強い依存によって止められなくなってしまいます。
 成分である「ドパミン」は自然な状態でも脳の神経細胞が分泌しています。
 この覚せい剤によって異常な「ドパミン」量の爽快感を一度味わってしまうと、もうやめられないのです。

 使わないのが一番だということを改めて実感しました。

 

 

高畑充希の青春時代の後悔

今活躍の高畑充希さんも昔はいろいろあったということがテレビ番組で分かりました。

 

校則って本当に意味が分からない。

校則に縛られるのがいやだった高畑はなんとそのまま校舎の1階から3階まで逃げたりした。

高校になるとミュージカル多忙だったことから学校でほぼ一日居眠り。

気付いたときは放課後だったとか。

f:id:moromi2015:20170305212339j:plain

石原前知事と番組で共演した時は緊張のあまり何も言えなかった。

出る会を間違えたと思ったことが何度もあるとか。

 

高畑さんの芸能人になるまでというと、

会社経営の父と母、祖父母の五人家族の一人っ子として育ち、舞台鑑賞が好きな両親の影響を受けて小学生の頃より舞台女優を志ざしました。幼い頃から『オペラ座の怪人』や蜷川幸雄作品に親しみ、同級生がアイドルやJポップの歌を聴く中、『レ・ミゼラブル』などのミュージカルのサントラを好んで聴いていました。小学校から中学校までの間に舞台や芸能事務所のオーディションを十数回も受けて全て落ちていたというからその努力は並大抵ではなかったのでしょう。数々のオーディションを受ける一方で、受からなかった時には早稲田大学の演劇研究会に入ろうと、小学校低学年から塾に通って猛勉強し、中高一貫の進学校である私立四天王寺中学校へと進んだのです。

こういう人たちってやっぱりやり遂げる力があるのですね。

 

 

 

 

北朝鮮のカン・チョル大使マレーシアから亡命の可能性は?

金正男氏殺害事件で決定的ともされている北朝鮮政府の関与で、全くマレーシア政府の話を聞かない北朝鮮に対してついに強硬な態度に出ました。

マレーシアの外務省は4日、カン・チョル大使について「ペルソナ・ノン・グラータ」=「好ましからざる人物」と認定し、国外追放すると発表しました。

そして、北朝鮮のカン・チョル大使に「国外追放」を通告しましたが、5日にもマレーシアを出国するとみられています。

f:id:moromi2015:20170305202552p:plain

カン・チョル大使

出典:NHKWEB


 北朝鮮のカン・チョル大使は、現在もマレーシアにある北朝鮮大使館の建物の中にいるとみられています。国外追放の通告から10時間あまり、大使館は出入りする職員も記者の問いかけには一切答えず沈黙を守っています。

 金正男氏が殺害された事件をめぐり、カン大使はマレーシア警察の捜査などを繰り返し非難しました。マレーシア政府は謝罪を求めたものの何の回答もなく、きのうも大使を外務省に呼んだが応じなかったためこの処置に踏み切ったのです。

 マレーシア側はこれまでに、北朝鮮に駐在するマレーシア大使を帰国させたほか、6日からは北朝鮮国民に対しこれまで免除していたビザの取得を義務付ける措置がとられることとなっています。今回の件で、まだ北朝鮮に残っているマレーシア人の安否が心配ですが、できるだけ早く帰国してほしいものです。

 ところで、国外追放となったカン・チョル大使ですが、このまま亡命を希望するということはないものでしょうか?

 というのも、今の北朝鮮体制から考えるとこのまま帰国したところで、何事もなく済むとも言い難いのではないと思われるからです。すでに帰国したとみられる実行犯たちですが、証拠隠滅のためにすでに処分されていてもおかしくありません。

 最近では、イギリス駐在の北朝鮮大使館テ・ヨンホ公使が亡命を求めたことが大きなニュースとして知られています。驚きのニュースではありましたが、これが今の北朝鮮の実態を物語っていることがよくわかりました。

 あまり知られていないかもしれませんが、大使館といえどもその生活水準は決して高いものではないようです。先ほどのイギリス公使の例で行くならば、イギリスの中級階層の生活と何ら変わりない質素なものだったことが分かっているからです。

 

 マレーシアと北朝鮮、今回の一件で国交断絶まで秒読み段階ともとれますが、身の安全と未来を考えるならば海外にいる北朝鮮人は亡命を考えたほうが妥当かもしれません。

 ただ、今後のことを考えるならば、北朝鮮自身が孤立して国としての体制を保っていくのが難しくなっていくのではないかと考えました。

 

けがもなんのプリマ旦那NHK上方漫才で2位に

ピン芸人がVしたことで論争となっているNHK上方漫才コンテスト

でもその内容を見ていくと惜しくも敗れたプリマ旦那の存在感が際立っていることがよくわかりました。

 

2年前にはけがをしたとかで芸能人生も危ぶまれていたプリマ旦那でしたが、このコンテストで見事復活。

準優勝でこそありましたが、ピン芸人論争で実はますます注目されてくるのではないかとにらんでいます。

f:id:moromi2015:20170305194703j:plain

プリマ旦那  出典:(c)NHK

と、ピン芸人論争がどうであったのかといいますと、まず考えるべきがNHK上方漫才コンテスト

これは、毎年春に開催される若手上方漫才家のための演芸コンクールなのです。今でこそ年度によりますが、2月最終金曜日、または3月の第1・2金曜日のいづれかNHK大阪ホールで生放送しています。

その内容は、一般的なコンクールと同様に出場コンビがそれぞれ漫才ネタを1本ずつ披露し、全部の演目終了後に審査員の厳正な審査、最優秀賞(初期は優秀話術賞)1組、優秀賞2組(当初は優秀努力賞と優秀敢闘賞をそれぞれ1組ずつ)を決定していました。ジャンルは制限されておらず、コントや漫談なども参加できるフリースタイルな大会でした。

しかし2010年ごろからいろいろと規則が見直され、今のスタイルになりました。

そんな伝統のあるコンテストでしたが、ダークホースだったゆりやんレトリィバァ(26)が優勝してしまったのです。

このコンテストは「漫才」と銘打っているため、ネットでは「漫才なのにピン芸人が優勝?」ということで話題となったわけです。

プリマ旦那のほうは、決勝進出が決まった時点で、優勝してこのコンテストから卒業するとまで言っていただけに、心残りになるものがあったのではないでしょうか。

 

しかしこのゆりやんレトリィバァとはいったいどういう人なのかが気になりました。

芸歴3年目という異例のスピードで優勝した彼女でしたが、2013年には吉本興業の養成所NSCを首席で卒業するなど、お笑い界きってのエリートとして評価は高かったということで、決して突然出てきたわけではなかったようです。

 

時代とともに漫才も変化か!?

NHKの佐橋陽一チーフ・プロデューサーは、「漫才イコールお笑いのコンテストというところで、ピン芸人もコントも含め、一番面白く、将来性もあると見込んだ6人に(本選に)来ていただきました」と説明しています。「しゃべくり漫才」が少なかったのではとの質問には、「しゃべくりそのものより、お笑いの見せ方が多様化している。コントやフリップ芸も含めて新しいお笑いが出てきている」との見方を示したことも今回の結果に納得できる部分となりました。ピン芸について「しゃべくりに負けず劣らずの面白さがありますし」と述べ、漫才・ピン芸ともに紹介していきたいと意図を説明しています。
 そして、佐橋氏は漫才にこだわるどころか、漫才と入る番組名の変更すら検討していたと明かしています。つまり、お笑い全般をも取り込む覚悟で臨んでいたということなのかと実感させられました。ただ、「軽率に今の空気だけで『お笑いコンテスト』に変えるのも歴史を否定するようでもったいない」47回という歴史の重みについても触れています。

 しめくくりとして佐橋氏は「応募される方に合わせて中身そのものも変わっていくということでいいんじゃないかな」と時代に合わせて変化していくことの意義をのべています。

 近年ではピコ太郎のようにある日突然時の人になっていたというパターンが、ネットの普及で多くあらわれるようになりましたが、テレビ業界でも変化を入れることで生き残りをかけているのかもしれないと思いました。

 

 

カルピスのイメージ、明日待子さん ~昭和のアイドル~

明日待子さんって誰?

知らない人がたくさんいると思いますが、それもそうです。彼女の活躍はかれこれ80年も昔にさかのぼるのです。お年寄りの方はなつかしく思われるのではないでしょうか?かつて東京・新宿にあった劇場「ムーラン・ルージュ」で、多くのファンを虜にしたアイドル「まっちゃん」はまさにこの人なのです。

実はカルピスのイメージガールを務めたり、小田急ロマンスカーの元祖である「週末温泉急行」列車の車内放送用レコードを吹き込んだ事でも有名でした。

f:id:moromi2015:20170304173819j:plain

幻のアイドルとして表紙を飾っている明日待子さん

 

新宿にあった劇場「ムーラン・ルージュ」は昭和初期のアイドルを輩出した劇場としても有名ですが、以下の人たちが在籍指定ました。

ムサシノ漸 (1930年代初期入団)
山口正太郎 (1930年代初期入団)
鳥橋弘一 (1930年代初期入団)
轟美津子 (1930年代初期入団)
春日芳子 (1930年代初期入団)
三国周三 (1930年代初期入団)
望月美恵子 (望月優子、1930年代初期入団)
高輪芳子 (1932年10月31日入団)
有馬是馬 (1932年入団)
森野鍛冶哉 (1932年入団)
水町庸子 (1933年入団)
小柳ナナ子 (1933年入団)。
姫宮接子(1935年入団)
大空千尋
藤尾純
水島道太郎
武智豊子
左卜全 (1935年入団)
有島一郎(1936年入団)
宮城けんじ
由利徹
益田喜頓
三崎千恵子
竹久千恵子
外崎恵美子
春日八郎
沢村いき雄
市村俊幸
水谷八重子 (初代)
千石規子
郷宏之 (青木湯之助)
矢田茂
若水ヤエ子 (1946年入団)
三木のり平
藤原釜足
楠トシエ (1949年入団)
森繁久彌 (1949年入団)
谷幹一 (1950年研修生入団)
鈴懸ぎん子

これを見るだけでも名だたる昭和のスターたちが勢ぞろいしていたことが分かります。

悲しいことに戦前戦後の時期で中には出征して帰らぬスターもありました。


カルピスのイメージガールとして活動した記録があるということですが、こちらについて調べてみたところ、以下が正式には認定されているようです。

■初代 西田尚美

■2代目 後藤久美子

■3代目 奥山佳恵

■4代目 内田有紀

■5代目 酒井彩名

■6代目 平山あや

■7代目 土屋アンナ

■8代目 BoA

■9代目 長澤まさみ

■10代目 川島海荷

■11代目 能年玲奈

■12代目 黒島結菜

■13代目 永野芽郁

これを見る限り明日待子さんの名前は出てきませんが、「初恋の味」のキャッチコピーで売り始めていたカルピスの専属としていた時代があったとのことで、いわば元祖は明日待子さんといってもよいのではないでしょうか。

 

決して明るい時代ではなかった昭和初期、アイドルを経験された明日待子さんの回想は楽しいアイドル時代を過ごされたようです。しかし、今とは違って純情なアイドルであったような気がしています。

最近では女優の堀北真希さんが電撃引退されましたが、まだ人気のある絶頂期の引退は少なからず大きなインパクトがあります。さらに引退により一般人になるということがよりファンの心をつかみ親近感を覚えるのではないでしょうか。

かつては歌手の山口百恵さんも結婚を機に引退され、一般家庭の人として生活しておられます。大きな話題にこそなりませんが、ファンの心にはきっと一生残っていることと思います。

再び注目された明日待子さんもそんな一人として、元気な姿が見られたことは同年代のファンを大いに元気づかせたことでしょう。

今後もファンの気持ちを胸に長寿を全うされることを願います。

幻の近代アイドル史: 明治・大正・昭和の大衆芸能盛衰記 (フィギュール彩)

新品価格
¥1,944から
(2017/3/4 17:41時点)

紅白歌合戦で椎名林檎の葬式姿に違和感

大みそか恒例のNHK『第67回紅白歌合戦』で登場した紅組・椎名林檎東京オリンピックパラリンピックスペシャル企画として、東京都庁前 都民広場から生中継出演することが発表されていましたが、私にとっては大きな事件となりました。

 椎名さんは「青春の瞬き-FROM NEO TOKYO 2016-」を披露して都庁をバックにダイナミックなセットの中オリンピックを意識したものでしたが、その以上に唖然としてしまいました。

 

 葬式に着る衣装ではないですか!

 あまり気に留める人はいなかったかもしれませんが、今後のオリンピック2020年を見据えた演出のはずが、葬式の衣装とは失礼もいいところだとかんじてしまったのです。

 

 もともと椎名さんの歌には意味が分からない歌詞がたくさん入っているなと思っていたのですが、衣装でまさか葬式の演出とは。。。

 都庁には、リオデジャネイロオリンピック卓球男子のメダリスト・水谷隼選手、同パラリンピック陸上男子のメダリスト・山本篤選手も駆けつける予定とのことでしたが、あの衣装でイメージが完全に崩れてしまいました。

 『紅白歌合戦』では今年から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、老若男女を問わず、さまざまな人々を応援するそうですが、葬式を意識させられたこの演出、どう思われたでしょうか? 

大橋昌信市議がNHK受信料(ワンセグ)を正す時

テレビを持っていればおのずと払わされてしまうNHK受信料。

あの威圧的にやってくるNHKの取り立て員の姿を思わず思い出してしまいました。

 

 はたして携帯電話のようなワンセグ機能があるだけでその受信料は発生してしまうのでしょうか?埼玉県朝霞市の大橋昌信市議NHKから国民を守る党)は、ワンセグだけでは受信料の支払い義務がないことを確認するため、NHKを相手取って裁判で争っています。判決は8月26日、さいたま地裁で言い渡されるということですが非常に同行が気になるところです。

f:id:moromi2015:20160823125530j:plain

 もし、ワンセグ機能付きの携帯を所持しているだけでNHK受信料が発生してしまうのなら、携帯各社は今後ワンセグ付きの携帯を製造するだけで問題が出てくるでしょう。また、自動車でのテレビ視聴にも言及されてくるのではないでしょうか。

 細かく見ていくならばきりがないとも言えますが、その白黒をはっきりさせるために立ち上がったのが大橋市議とも言えます。

 訴状によると、大橋市議の家にはテレビがないが、ワンセグ機能付きのスマートフォンは持っているとのことでした。大橋市議が受信料についてNHKに尋ねたところ、ワンセグだけでも契約が必要と言われたことから、契約義務がないことを確認するため裁判を決意したということです。
 これは、受信料について定めた「放送法64条1項」の解釈にあたるということです。この条文では、「受信設備を設置した者」に受信契約の義務があると記されています。大橋市議は、スマホワンセグは「設置」ではなく、「携帯」だと主張。対するNHKワンセグも広義の「設置」に当たると反論しているわけです。

 大橋市議は、仮に「設置」に当たるとしても、スマホワンセグは受信料の支払いが免除される「放送の受信を目的としない受信設備」であると考えており、事実通話やメールなどにしか使っておらず、スマホでテレビ番組を見たことはない人も多いのではないでしょうか。

 私も実際ワンセグ付の形態を利用したことはありますが、実際問題テレビはほとんど見ることはありませんでした。ましてやNHKは皆無に近い状況です。これで受信料を払わされるとしたら世の中を疑ってしまうのです。

 

 最近、知人宅(アパート)にNHKの集金員がやってきました。

 どうやらそのアパートは衛星放送契約をしているようで、通常の契約に加えて衛星放送の契約まで強制してきたのです。

 その事実を知らない知人は大家さんに確認を取る為数日待ってもらえないか聞いたのですが、集金員は断固拒否、ずっとそのお宅の玄関に居座り続けたのです。時間は既に夜の9時を過ぎており、今になって思えば警察を呼んだ方が良かったわけです。

 しかし、仕方なく契約をしてしまい、見ることもない衛星放送契約を結んで大変ブルーになっていました。

 と、どうやらNHKの悪徳集金員が来たときの撃退方法がいくつもあるようです。

その中でもっともだと思ったのが、1.不法侵入で訴える、2.迷惑を訴える、など、自分の立場で明らかに違法性がある内容を確認し、迷わず警察を呼ぶしかないのです。

 NHKごときで生活が脅かされるようでしたらそんな世の中はおかしいですし、そういう態度をとる集金員は罰せられるべきです。

 いずれにせよ、大橋市議の行動が今後のNHK受信料の在り方を判断するいい材料になるのではないでしょうか。

  大橋市議は、「ワンセグ機能付きの携帯を堂々と使えるようにしてほしい」と話しているとのことで、是非そういう判決になるように期待したいところです。